Sony
Sony
ビブリア古書堂の事件手帖

邦画 2019.06.04 シリーズ累計680万部の大ベストセラーの実写映画【ビブリア古書堂の事件手帖】

古書にまつわる謎と秘密を解き明かしていくミステリー

ある古書から、秘められた過去の恋物語が明らかに

鎌倉の片隅にある「ビブリア古書堂」にある日、五浦大輔という青年が祖母の遺品整理で出てきたという夏目漱石の「それから」の古書を持ち込む。ひと目見て、店主の篠川栞子はこの本に隠された大輔の祖母の過去を言い当てるのだった。一方、ビブリア古書堂に所蔵されている太宰治の希少本「晩年」が、正体不明のマニアに狙われていた…。
文芸ミステリーの名の通り、一見無関係な「それから」と「晩年」が繋がりラストで謎が明かされる展開は、知的好奇心と爽快感が満たされること請けあい。メガホンを取ったのは、幅広いジャンルの作品を手掛け、国内はもちろん国際的な評価も高い三島有紀子監督。原作ではあまり描写されなかった過去をじっくり描くことで、深みと説得力を持たせている。
ヒロインの栞子を演じるのは、演技力に定評のある黒木華。普段は物静かだが、本を前にすると情熱的になるギャップを演じ分け、魅力的なキャラクターを作り上げた。相方となる大輔に野村周平、栞子と同じく本マニアの稲垣に成田凌を配するなど、現在の日本映画界で注目の豪華キャストが揃っている。原作が持つミステリーとラブストーリー、両方の顔をしっかり堪能できる120分だ。

ビブリア古書堂の事件手帖

© 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会

関連記事

じんわり心に染みわたる!
三島有紀子監督が紡ぎ出す人間模様

しあわせのパン(2011)

しあわせのパン(2011)

北海道に移住し、湖が見える丘でパンカフェを始めた夫婦。店には四季それぞれ、さまざまな思いを抱いた客が訪れる。ほっこりとしたカフェの雰囲気と、美しい北海道の風景に癒やされること間違いなし。

幼な子われらに生まれ(2017)

幼な子われらに生まれ(2017)

再婚した妻の妊娠がきっかけで、妻の連れ子、元妻、現妻の元夫など、主人公の周囲の関係があぶり出されていく。ドキュメンタリー的な手法で家族というものを多角的に捉えた、胸を打つ傑作。

©2011『しあわせのパン』製作委員会 ©2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

U-NEXT for So-netなら
自宅でゆっくり映画鑑賞が楽しめます!

初めての登録は、31日間無料&2,000円分のポイント付き!

映画もドラマもアニメも見放題

スマホもOK!

無料トライアルはこちらから↓↓↓

U-NEXT for So-net

この記事を気にいったらいいね!しよう

Movie Styleの最新の話題をお届けします。

ページトップ