Sony
Sony
ボヘミアン・ラプソディ

洋画 2019.04.26 配信記念キャストインタビュー【ボヘミアン・ラプソディ】

無数の名曲を放ち、今もなお人々に愛されているロックバンド“クイーン”。その波乱万丈の軌跡を見つめた『ボヘミアン・ラプソディ』のキャストが来日、伝説的ロックスターたちを演じたことで得た思いなどを熱く語ってもらった。

ボヘミアン・ラプソディ
伝説のバンド〈クイーン〉の知られざる感動の物語

4月17日(水)最速配信開始

ボヘミアン特集

『ボヘミアン・ラプソディ』 配信記念
キャストインタビュー

フレディ・マーキュリー役
ラミ・マレック

フレディ・マーキュリー役 ラミ・マレック

1981年生まれ。『ナイトミュージアム』シリーズ(’06~’14)のエジプト王役で注目され、『MR.ROBOT/ミスター・ロボット』(’15~)でブレイク。チャーリー・ハナム共演の『パピヨン』(’18)が本年度公開予定

ブライアン・メイ役
グウィリム・リー

ブライアン・メイ役 グウィリム・リー

1983年生まれ。『ホロウ・クラウン/嘆きの王冠』(’12)や『もう一人のバーナビー警部』(’13~’16)など、テレビを中心に活動。今作ではブライアン・メイ本人が演技を絶賛、その躍進が期待されている

ジョン・ディーコン役
ジョセフ・マッゼロ

ジョン・ディーコン役 ジョセフ・マッゼロ

1983年生まれ。子役として活動を始め、『ジュラシックパーク』(’93)や『激流』(’94)に出演する。現在は実力派俳優として、『ソーシャル・ネットワーク』(’10)などの話題作やテレビで欠かせぬ存在に

インタビュー

クイーンのメンバーを演じることのプレッシャー

タイトルにもなった「ボヘミアン・ラプソディ」を筆頭に「伝説のチャンピオン」「地獄へ道連れ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」など数多くのヒット曲、名曲を誇るクイーン。ボーカルのフレディ・マーキュリー亡き後も世界中の人々から愛されているバンドだけに、そのメンバーを演じることには相当のプレッシャーがあったという。特にカリスマの権化ともいうべきフレディ・マーキュリーに扮したラミ・マレックは悩みに悩み抜いた。

【ラミ・マレック】
フレディは何万人もの人々を簡単に手のひらに包んでしまうようなパワーを持っていた。そんな“超人”を僕が演じられる“人間”の域にはどうすればいいのかを考えた。その時に彼も誰かの手のひらに包まれたかったのではないかと思った。そこから探っていけば、自分と彼を繋ぐ部分があるはずだと直感したんだ。移民だったフレディはアイデンティティを探そうともがいていたけど、僕も両親がエジプトからアメリカに移住している。そんな共通点を見出したことから、段々と彼の内面に近づけたんだよ。

だが、フレディはステージングでも唯一無二の個性を放ったパフォーマー。ルックスや動きの再現でも妥協はできなかった。

【ラミ・マレック】
通常は役作りに掛ける時間は数週間だけど、今回は1年くらい掛けたよ。アーカイヴに残されているあらゆるフッテージを観たし、アクセントを学ぶためにラジオのインタビューや彼の母親が話しているのを録音したテープも聞いた。フレディの動きは、とても自然発生的なものなんだ。だから、人物の動きをそのバックグラウンドから解読する“ムーヴメント”のコーチについて指導してもらったよ。例えば、フレディはステージで拳を突き上げるポーズをステージで取っていたけど、彼は幼い時にボクシングをやっていたのでその動きが出ていた。そうやってフレディの動きが構築される過程や進化を少しずつ理解していったんだ。

撮影を経て改めて感じたクイーンの魅力とパワー

以前からクイーンの音楽を愛していたという3人だが、この作品に関わったことで彼らへの敬意はさらに深まったという。ジョン・ディーコンを演じたジョセフ・マッゼロは、何度も耳にしたはずの楽曲の印象がガラリと変わってしまったそうだ。

【ジョセフ・マッゼロ】
クイーンのメンバーを演じて、彼らが生み出してきた偉大な音楽的遺産を追体験することで、さまざまな楽曲がいかにして作られていったのか、どのようなメッセージやテーマが込められていたのかを学ぶことができた。より深くクイーンについて知ったことで愛情も深くなって、撮影終了後に仲間と車で旅行した時には彼らの曲をずっと掛けていたよ。

ブライアン・メイ役のグウィリム・リーは、クイーンが貫いた姿勢に感銘を受けた。

【グウィリム・リー】
批評家に何を言われても気にしない。他のバンドからクールだと思われていなくても気にしない。それは自分たちの才能を信じているからなんだ。また、彼らはひとつのものにカテゴライズされるのを断固として拒否する。そして、それを守るためならばどんなリスクを取ることも恐れない。ブライアンを演じることで、そのスピリットを僕も得られたし、自信をつかむことができたよ。

そして、マレックは、改めてクイーンが秘めるパワーや先見性に驚いたという。

【ラミ・マレック】
劇中で『ボヘミアン・ラプソディ』が批評家にこき下ろされる場面があるけど、2018年にこうしてクイーンの映画が作られて世界的ヒットを飛ばしている。このことからも、いかに彼らが革命家で時代の先を進んでいたのがわかるよね。それとフレディを演じている最中、僕はものすごく自由になれた気がしたんだ。そうさせるパワーが彼らの音楽にあるんだよ。ひとつのものに閉じ込めることを拒むパワー。フレディも他のメンバーもステージに立って、自分のなりたい者になっていた。そして観客も、この映画を観て自分を解放していると思う。

活動初期からクイーンを応援していた熱狂的ファンが多いことで知られる日本。マレックにとって、今回の来日には感慨深いものがあるそうだ。

【ラミ・マレック】
クイーンは日本の方々に愛され、日本の文化を愛したバンド。彼らの音楽には、そうした日本的なDNAが組み込まれている。フレディがステージで着物を着ている写真があるけど、それは僕の最も好きな写真。映画でも着物を使ったけど、それをもらって大切にしている。クイーンは日本で50回もコンサートをしたと聞いている。そんな素晴らしい国を訪れて、映画のリリースをみなさんと一緒に喜ぶことができるなんて信じられないね。

撮影・ノザワヒロミチ 文・平田裕介

伝説的ロックバンド、クイーンの世界

『ボヘミアン・ラプソディ』と併せて観たいクイーンのライブ映像とドキュメンタリーも多数配信中。

伝説的ロックバンド、クイーンの世界

© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.© CHROME DREAMS MEDIA 2005. ALL RIGHTS IN THIS DVD VIDEO ARE RESERVED©CHROME DREAMS MEDIA 2005. ALL RIGHTS IN THIS DVD VIDEO ARE RESERVED©Stingray Digital Media Group.

U-NEXT for So-netでは
自宅などでスマホやタブレットに
動画をダウンロードしておけば、
外出先でもオフラインで
映画やドラマなどを視聴できます!

初めての登録は、31日間無料&2,000円分のポイント付き!

無料トライアルはこちらから↓↓↓

U-NEXT for So-net

この記事を気にいったらいいね!しよう

Movie Styleの最新の話題をお届けします。

ページトップ