Sony
Sony
皇帝ペンギン ただいま

洋画 2019.03.08 オスカーを受賞した傑作ドキュメンタリーの続編【皇帝ペンギン ただいま】

あのかわいらしい姿が12年の時を経て再び。皇帝ペンギン親子の日常を追った映像叙事詩

最新鋭映像機器とドローンが捉えた大自然が圧巻

全世界で2500万人以上を動員し、2005年に第78回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した『皇帝ペンギン』といえば、ネイチャードキュメンタリーの先駆けだ。本作はその続編。リュック・ジャケ監督が再び、皇帝ペンギンたちのドラマを活写する。
かわいらしいその姿に、つい頬も緩むが、皇帝ペンギンは過酷な環境にも耐えられる体を持つ。そんな皇帝ペンギンたちがマイナス40℃、時速250キロのブリザードが吹き荒れるなかで、卵からヒナをかえして子育てし、やがて子ペンギンが巣立っていくまでを追う。監督は前作で培ったノウハウに加えて、最新鋭の映像機器やドローンなどを導入。羽毛に包まれた赤ちゃんペンギンのモフモフとしたフォルムや固い絆で結ばれた親子の様子を近距離で捉える一方で、彼らを取り巻く青い空と海、どこまでも続く雪と氷の壮大な風景を映し出す。
特筆すべきは、南極海で敢行された史上初となる水深70mでの水中撮影。氷の下の青く澄み渡った海中を飛ぶように泳ぐペンギンは、華麗の一言だ。日本語ナレーションを務めたのは名優・草刈正雄。甘くソフトな低音ボイスで語る皇帝ペンギンたちのドラマが、観る者の心に癒やしと感動を呼ぶ。

皇帝ペンギン

酷寒の地で生きる皇帝ペンギンたちの知られざる生態

南極の過酷な自然の中で懸命に子育てする皇帝ペンギンたちの親子の絆に密着。アメイジングな彼らの日常を捉えた映像に魅了される。

皇帝ペンギン

一組のカップルから生まれるヒナは1羽だけ。両親は交代でヒナを育てるが、エサを得るのは100㎞も先の海。パートナーが戻ってくるまでの120日間、親鳥は飲まず食わずで卵を温めて、孵化したヒナを守る。

皇帝ペンギン

エサを待ちわびるヒナのために100㎞先で行う漁。陸ではヨチヨチ歩くペンギンだが、海の中に入るとスイスイと泳ぎ、何と20分間も潜水していられるという。

皇帝ペンギン

ユーモラスでかわいらしいペンギンたちの姿には心も和む。かつてないほど近距離で、素のペンギンたちの表情を捉えた映像の数々。また美しい南極の自然にも注目したい。

©BONNE PIOCHE CINEMA - PAPRIKA FILMS - 2016 - Photo : © Daisy Gilardini

関連作品

大自然を捉えたドキュメンタリー映画

今や人気ジャンルとして確立したネイチャードキュメンタリー映画。自然や動物たちの生態に触れて、生に対する気づきを得てみては

皇帝ペンギン(2005)

皇帝ペンギン(2005)

南極大陸に暮らす皇帝ペンギンの生態を壮大なスケールで捉えたドキュメンタリー。監督のリュック・ジャケが仲間たちと南極で8880時間に及ぶ撮影を敢行した。エミリー・シモンの音楽も魅力的。

アース(2007)

アース(2007)

海洋ドキュメンタリー『ディープ・ブルー』を手掛けた英国BBCが5年の歳月をかけて制作。地球に生息する生物を北から南まで撮影し、生命の神秘に迫る。地球の環境について考えさせられる。

オーシャンズ(2009)

オーシャンズ(2009)

『ニュー・シネマ・パラダイス』の俳優にして、『WATARIDORI』で鳥の生態を捉えたジャック・ペランが世界中の海の神秘に迫った傑作。本作のために開発した最新技術による映像が驚異的。

©BONNE PIOCHE /APC 2005 ©BBC Worldwide 2007 ©2009 Galate Films Path France 2 Cinma France 3 Cinma Notro Films JMH-TSR

TEXT:U-NEXT

U-NEXT for So-netでは
自宅などでスマホやタブレットに
動画をダウンロードしておけば、
外出先でもオフラインで
映画やドラマなどを視聴できます!

初めての登録は、31日間無料&2,000円分のポイント付き!

無料トライアルはこちらから↓↓↓

U-NEXT for So-net

この記事を気にいったらいいね!しよう

Movie Styleの最新の話題をお届けします。

ページトップ